副業での不労収入は手続きや準備が必要になりますが、軌道に乗れば安定的な収入が見込めます。

副業におすすめな不労収入

気軽に出来る手段で不労所得を得るのも良いですが、腰を据えてじっくり副業を始めるのも魅力的です。
上手く軌道に乗れば大きな収入が見込めるので、生活の質を飛躍的に高められます。

 

当然、ブログのアフィリエイトや写真販売など、個人で行う規模よりもでかいので一定の責任も出て来るでしょう。
様々な手続きや準備が必要になるので非常に大変なのは間違いありません。

 

しかし、それでもメリットがあるのが副業での不労収入なのです。
自分でも実現できる手段が無いか、具体的な内容を紹介するので見て行きましょう。

 

 

太陽光発電で電力を売る

太陽光発電のパネル

 

自宅の屋根に太陽光パネルを取り付けて発電し、その電気を売る方法があります。
太陽光パネルの購入や設置には100万前後の費用が発生しますが、定期的に電気を売れるようになれば元は取れるでしょう。
売る前に自宅で消費してしまうことも可能なので、毎月の電気代を抑えるのにも役立ちます。

 

どこかに余っている土地を持っているなら、大規模な太陽光発電を始めるのも良いでしょう。
デメリットとしては、天候不順で日照時間が少ないと利益が下がってしまう点が挙げられます。
太陽光発電の副業を始めるなら、どのぐらいの発電が見込めるか事前にテストすると良いです。

 

 

貸し駐車場で不労収入を得る

貸し駐車場の画像

駐車場の需要がある場所に土地を持っているのが前提になります。
土地を購入することから始めるのもありですが、それには相応の初期投資が必要になるのでリスクは高めです。

 

人通りが無い閑散とした場所での需要は低いですが、住宅街や駅周辺であれば駐車場の需要はあります。
月極で駐車場スペースをレンタルする方法だと収入が安定するのでおすすめです。
契約した特定の人にだけ貸すのか、不特定多数を想定するかで貸し駐車場の副業は変わってきます。
どのような方法がベストかは土地を見て判断するのが良いでしょう。

 

 

Airbnbで民泊を始める

Airbnbを利用する外国人旅行客

 

Airbnbはエアビーアンドビーと読み、簡単に言うと民泊を仲介するサイトのことです。
海外旅行客が増加する中、ホテルや民宿が足りない現実に直面しています。
そこで注目を浴びているのが個人による民泊のビジネス展開です。

 

余っている部屋やマンションなどがあれば、そこをAirbnbに登録するだけで完了となります。
不動産を持っている前提になりますが、有効活用出来れば大きな不労収入となるでしょう。

 

 

モノオクで荷物預かりを行う

民泊サービスの荷物バージョンと考えるの1番近いイメージです。
モノオクというサイトでは、部屋の空きスペースを物置きとして提供するサービスを行っています。
登録して空きスペースを公開すれば、そこに荷物を置きたい人から連絡が来る仕組みです。

 

ダンボールを預かるケースやゴルフクラブなどを預かるケースもあるようです。
毎月数千円から数万円の不労収入になるので、使っていないスペースがある人におすすめです。

 

page top