不労所得生活は煩わしい人間関係が苦手だったり、趣味や目的があったり、自分中心に生活できる人が向いています。

不労所得生活が向いている人

不労所得だけで生活するのは、働かずに生きていける夢のような状況です。
誰もが働かずにお金が欲しいと願っており、それを実現させてくれる不労所得は憧れでもあります。
仕事から解放されて自由に生きる不労所得生活は、まさに桃源郷でしょう。

 

しかし、意外なことにこの不労所得生活には向き不向きがあるのです。
幸せの定義が難しいように、人によっては不労所得生活が苦痛になってしまうケースも存在します。

 

それでは、どのような人が不労所得生活に向いているのでしょうか?
ここでは不労所得生活に適応できる人の特徴をまとめて行きたいと思います。

 

 

職場の人間関係が煩わしい人

人間関係の相関図を表す画像

 

社交辞令や面倒な付き合い、表面上の気配りが苦手な人は不労所得生活に向いています。
煩わしい人間関係から解放されるのでストレスが無くなるでしょう。
人付き合いが嫌いな人も不労所得生活に向いていて、穏やかな日々を満喫出来るはずです。

 

なぜ人間関係を面倒だと感じる人が適しているかと言うと、不労所得生活は人付き合いが希薄になるからです。
アフィリエイト収入にしても不動産収入にしても、基本的にはあまり人と関わりを持ちません。
人と関わりが少ない状況を良しと出来る気質で無ければ、不労所得生活は退屈極まりないものになるでしょう。

 

不労所得生活を始めた後に人恋しくなり、再びサラリーマンを始めた人がいるほどです。
社会と繋がっている、人と繋がっているということは意外にも人生において重要なのかもしれません。

 

 

趣味や目的がある人

映画館の客席

 

不労所得生活を始めて発覚するのが、何をして良いか分からないという問題です。
仕事に熱中している人ほどこの傾向が強く、趣味がまったく無いため何をして良いか分からなくなってしまうのです。

 

趣味や何か目的がある人は、それを楽しむ時間が出来るので非常に充実した日々になります。
ですが、遊び方を知らない人は時間を持て余してしまい精神を病んでしまうことさえあるようです。
食事をしてゴロゴロ寝ての繰り返しで、誰とも会話しない状況が続くのは楽しい不労所得生活とはかけ離れています。

 

なので、不労所得生活をするのは趣味や目的などを持っている人が適しているのです。

 

 

自分中心に生活できる人

自我が強い人のイメージ画像

これは性格的な要素なのですが、自分中心に生きて居るのか、他人の中に生きて居るのかは重要です。
自分の信念や考え方で行動している人は、不労所得生活が始まっても自身の価値観で楽しく過ごせるでしょう。
しかし、他人の中に自分自身の価値を見出す人は、不労所得生活が始まると物足りなくなります。

 

自分は価値のある人間なのか、誰かの役に立っているのか、そのような不安が生まれてしまいます。
人に頼ってもらいたい、誰かに感謝されたい、そうした願望が強い人は不労所得生活に向いていないのです。
不労所得生活は夢であり憧れでもありますが、向き不向きがあるのを忘れないようにしてください。

 

page top